再生おもちゃ倶楽部

イベント募集

イベントの盛り上げ役で
お手伝いします(^^)/


ご訪問者数

本日  昨日

アクセス回数

本日  昨日


電車ライブラリー


平成27年5月記

私どもの活動は今年で6年目を迎えました。頂いたおもちゃの寄付は、活動開始当初では予想できない規模に達し、県内だけでなく北は北海道、南は九州まで日本全国から220件(平成27年4月末時点)の方々から寄付を頂きました。また玩具が増えたことで、イベントも盛り上がり、地元土浦を飛び出し千葉・埼玉・東京まで開催エリアを広げることができました。おもちゃを寄付して下さった方、開催場所を提供してくださった方、運営スタッフの皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。

当初は寄付して頂いたおもちゃを私どもが使用する分量だけ再生するので手一杯でしたが、今ではスタッフさんの成長もあり、イベント会場でおもちゃの修理依頼を受け付けられるようになりました。私どもは、壊れてしまったおもちゃでも分解してネジ1本、部品1個に至るまで使い切ることを目指しています。おもちゃを使い捨てのものとせず、直しながら使い続けることが大切であると考えています。少しずつですがイベント会場での修理依頼も増えてきました。イベントに参加してくださった方に私どもの思いがわずかでも伝わっていれば嬉しい限りです。

さて活動6年目を迎えてますます活気づく一方で、ある問題に直面しています。それは寄付して頂いた玩具を十分に生かしきれていないということです。通常イベントでは25u(8坪)のレイアウトを組んでいます。これは主に運搬時の車両の大きさに制約を受けております。作業人員も限られ、事前に申請した時間内に作業を終わらせることが毎回求められるために、これ以上の広さで実施することは現状困難です。

では仮に今までに頂いた寄付を生かすとどの程度のスケールでレイアウトを組むことができるか試算してみました。おそらく現在の約10倍の250u(80坪)のスケールでの設置が可能と思われます。この規模で楽しく遊べる空間が設置できれば夢のようなことです。例えば廃校になった小学校の体育館に広くレイアウトを展開できれば子供たちも喜びますし、遠方からも子供たちがたくさん遊びにきてくれると思います。

もしこのHPをご覧になった方でご自分のお店をにぎやかにしたい、たくさんの子供で溢れる空間を作りたい等のご要望があればぜひお手伝いさせてください。微力ながらお手伝いさせて頂きます。

【開催事例】
@商業施設のイベント用会場(屋内)

 

最大8坪展開。同時に30名プレイ可能。1日約200名。東京、埼玉、千葉、茨城各所の商業施設で子供たちの集客イベントとして定期開催中です。

A商業施設のイベント用会場(屋外)

 

雨天時撤収の必要があるため、屋内よりも小規模となり4〜8坪展開。1日約100〜200名利用可。

B住宅展示場モデルルーム(屋内)

   

写真は4坪で展開した事例。部屋の形状に合わせて調整可能。ホテルの一室にレイアウトを敷き詰めてキッズルームとして開放するのも良い案です。

C商業施設の共用部の活用(屋内)

 

商業施設内の限られた共用部を活用。展開は2〜4坪。写真はブロックのイベントを実施した事例です。

D鉄道ジオラマ等の展示

・保存車両内でのイベント(商業施設内)

 

商業施設内で活用の機会がなく放置されていた車両を生かす。保存車両として歴史的価値のある貴重な車両内でのイベントは私どもにとっても良い思い出となりました。開催の様子はこちら

E据え置き型レイアウト

 

医療機関や行政機関、個人宅などの小スペースに展開する据え置き型レイアウト。テーブルに固定するので乳幼児の遊技場として重宝されています。1坪未満の展開。

Fブロックギャラリー

東京スカイツリー 東京タワー
チワワ チワワ チワワ

レジャーランドや商業施設に子どもたちが楽しめるブロックの展示物をご提供します。完全フルカスタムの1点ものを作成しますので、 インスタ映えすること間違いなしで話題性もあります。

以上のコンテンツの運営に関しては、実費分をご利用者にご負担を頂くか、開催地の施設様にご協力を頂いております。今後の活動継続のためにご理解を頂ければ幸いです。常設の場合にはメンテナンスにも定期的に伺います。

お問い合わせは以下からお願い致します。


〒300-0816 茨城県土浦市永国東町7-13
再生おもちゃ倶楽部 事務局
E-Mail info@ecotc.asia


トップページへ